泥舟だより

2019 / 04 / 14  13:22

一級建築士の個展観覧

57155014_1882471158525760_8532481024934805504_n.jpg

今日は顧問先企業さまで、方位や家相の相談を受けている、一級建築士の個展を観覧させて頂きました。

水彩画ですが、油彩のようなタッチで、建築士らしく微細に描かれています。

私は絵筆を捨て、画商に転向した亡父の影響で、書物と同じくらい絵画に惹かれます。

これから、酒席をともにしながら、芸術談義に花を咲かせるのが楽しみです。

 

2019 / 04 / 13  13:34

占いの男性シンパの増加

男性占い.jpg

私の占い鑑定のお客様は、かなりの比率で男性が占めています。デシジョンメーカーの経営者が多いのですが、最近では、占いを忌み嫌っていた男性が、強い興味を持っていただくことが顕著になっています。

その人たちのパートナーが、私の常連客として接点はあったのですが、最初は「占いなんて怪しげなものに、騙されないぞ」と、拒絶されていた方ばかりでした。

東洋運勢学のルーツでもある、易経には「大なる易は占を言わず」と記されています。易卦で示される吉凶は、変えることのできない宿命ではなく、随うべき法則を示すことによって、運命を切り拓く努力を促しているのであって、 人間の能動的努力が強く要求されています。

事業経営者だけでなく、誰もが日常的に決断を迫られて生きています。暗中模索の人生ですが、行動を起こすには、天のとき、地の利があります。占い鑑定士の私は、人それぞれの運気の流れをお伝えしていますが、占いアレルギーの男性ほど、宇宙の壮大な循環論に態度が変貌します。

道教のカリスマ・老子は、含蓄の深い次の言葉を遺しています。

「宇宙は大きな人体、人体は小さな宇宙」

 

2019 / 04 / 11  10:30

赤ちゃんの命名

命名.jpg

このほど久しぶりに、赤ちゃんの命名に関わらせていただきました。

厚生労働省の人口動態統計によると、2018年の出生数推計は、92万1000人で、過去最少を更新しています。

 

運勢学の先達は、「姓名は生命なり」の箴言を遺していますが、古来より「名は体を表す」とも謂れています。

物や人の名前は、その中身や性質を的確に表すことが多いこと。「体」とは、本質、実態の意味。(故事ことわざ辞典)

英語でも、Names and natures do often agret 
名前と性質は、しばしば一致するとの、格言があるようです。

 

この度の依頼は、誕生前に両親が希望する、命名候補の鑑定でした。

通常は誕生した日時から生涯運を導き出し、障害を跳ね返す言霊や五行を整えるのですが、

未だ母胎に宿した赤ちゃんの鑑定はできません。

 

誕生前の命名は、候補名の字画と漢字、陰陽と五行の配当を鑑るのみで、少し心残りですが、

新生児の命名は楽しい仕事です。

5月初旬に出産予定の女の子ですが、新元号「令和元年」のタイミングで生まれる生命に、

幸多かれと祈るばかりです。

1