納豆酵素

純酵1.jpg

純酵2.jpg

純酵3.jpg

純酵4.jpg

今朝のフジテレビ系ニュースで、納豆「毎日1パック食べると、死亡リスクが2割低下」と報じていました。

納豆を毎日食べない人と比べて、脳卒中や心筋梗塞などで死亡するリスクが20%低くなるという、国立がんセンターの調査データーを引用したものでした。

 私が拡販に尽力している、納豆菌と乳酸菌の発酵エキス『純酵』(近畿大学薬学部との共同開発)は1包(10g)で、市販の納豆10パック分の、納豆酵素発酵エキスが含まれています。

 液状化されていますから、味噌汁やラーメンなど、あらゆる家庭料理に活用できる優れものです。

 長寿社会の必需品として、さらなる普及に努めてまいります。興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さいますように

85140872_2423354744437396_3829844010248175616_n.jpg

中国武漢初のコロナウィルスが、世界中に蔓延し、人々はpandemicの恐怖に襲われています。

 死亡した犠牲者の大半が、免疫力の低下した高齢者に集中しています。長寿社会になるほど、病に侵される確率が高まることは必然です。

 古来より運勢鑑定士の使命は、「命卜相医山」と称して、医学も役割の一つとして求められていました。

 精神と身体は健康を保つ両輪ですが、私は常に「医食同源」の法則を尊び、健やかな身体をつくる食品に関わってきました。

  今回ご紹介する、「純酵」(じゅんもと)も近大薬学部と、ナットーファーム株式会社が共同開発した、納豆と米の発酵食品です。液状化されて使いやすく、価格も二人で一カ月3、600円(外税)とリーズナブルです。

 何をするにも体が資本といわれますが、激動の時代を生き抜くには、なおさら留意すべきです。

 近日中には、近大農学部とのコラボで生まれた、食用バラの発売に漕ぎ着ける予定です。